冷え、健康にギャラリーデンの家庭用岩盤浴グッズ

田口石材スタッフブログ

20尺鳥居移設

2018/04/27

こちらのブログを更新するのはかなり久しぶりになってしまいました笑


先日ですが、兵庫県姫路市の九所御霊天神社さんの20尺(柱長さ6m)の鳥居の移設、耐震加工を行いました。

 

今回の案件は、さかのぼる事3年ほど前になりますが、国道2号線の拡幅工事により、道路際にある鳥居がかかってしまうので、5mセットバックしたいとの事でした。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥居は大きなサイズでしたが、阪神大震災の時に柱にヒビが入ってしまい、柱の周りをステン板で補強し、開かないようにターンバックルで引っ張ってありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の状態では移設が難しく、補強などの安全策を講じなければ土木事務所や姫路市の許認可も降りない状況でした。

新規で新たに建て直すにも予算では足りず神社さんも困っていた状況でした。

 

その為、弊社では、解体後折れている部分から上の柱を新しく製作し、繋ぎ合わせて1本の柱にして移設するという計画を立案しました。

 

実はこの工法は昔から行われており、京都の八坂神社や長野の諏訪大社などの古くからある大鳥居も同じように繋ぎ合わせて作られており、長尺物の原石が取れない時代から用いられている工法でした。

 

今回は高さが4mを超え『工作物』※建築基準法上での建築物、になるので、地震への対策も必要になった為、貫通穴を開けて、PC鋼棒で緊張させる耐震加工も施すことで、土木事務所などの許可も降ろして頂けました。

※串だんごのようなイメージです笑

 

これには、何度も図面や構造計算書を作って姫路の土木事務所へ説明と協議に岐阜を行き来したのでなかなか苦労しました笑

今回は国道と市道が絡んだので、土木事務所と市役所、両方の承諾を得るのに時間がかかりました。

 

そしてご依頼から3年、無事に許認可も降ろしてもらい、契約が済み、工事着手にかかれることになりました。

 

少し長くなりそうなので、今回はこの辺りで。

また近いうちにUPします。

 

※4月28日から5月7日までお休みを頂きます。ご迷惑をおかけしますが、お問い合わせの返答や加工再開は7日からになりますので、何卒宜しくお願い致します。

 


 


0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: