冷え、健康にギャラリーデンの家庭用岩盤浴グッズ

田口石材スタッフブログ

20尺鳥居移設②

2018/05/11

さて前回のお話のつづきですが、


諸問題を解決し、2018年1月下旬にようやく工事に着手できることになったのですが、

神社さんの要望で、5月の連休までに全ての工事の終えて欲しいとのご依頼があり、

鳥居以外にも灯篭・社標・玉垣なども付随して移設しなければならず、

併せて土木業者さんの方でもアスファルト工事などの仕上げ工事もあった為、

3月末~4月頭頃に鳥居を建てないと、工程上厳しいというような施工計画でした。

 

約二ヵ月で鳥居の修復・耐震化を施すのは、決してタイトではありませんが、

時期が真冬の為、工場内の水が凍ってしまい、こちらの方では朝9時過ぎ頃にならないと、水がまともに出ません笑

石を切るときには水が必需ですからね。

また、夕方17時過ぎると凍結し始める為、早めに水抜きをしないといけませんので、

この時期は作業効率がグンと下がる訳です。

なかなか暖かい地方の方には理解にしにくいかもしれませんが、

寒冷地域ではこんな悩みがある訳です。

また、この時期は各社さんの3月の決算月も近く、仕事量が集中したり、中国が旧正月で加工が出来ない為、弊社へご依頼頂く事が多く、繁忙期になる為、なかなか余裕ある工期とは言えませんでした。

 

少し話題が反れましたが、なんとか工事着手ができ、いよいよ解体工事です。

同時に灯篭と社標も解体する予定の為、初日にそちらを解体し、二日目にいよいよ鳥居の解体です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25tラフターと12tラフターの二台使いで解体していきます。

 

 

時間が来てしまったので、つづきはまた次回に更新します!


 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: