冷え、健康にギャラリーデンの家庭用岩盤浴グッズ

田口石材スタッフブログ

石臼を楽しむ

2011/02/20
呉汁

九州地方の郷土食

大豆を水に一晩浸しておく

石臼でどろどろに挽く

味噌汁に入れて食べる


同じ工程でさらし等で絞りそこにニガリを入れてかき混ぜしばらくたてば豆腐が出来ます。


呉汁は良質のたんぱく質(大豆プロテイン)がたっぷり摂れる優れた食品です。是非お試し下さい。

石臼を楽しむ

2011/02/17
米の粉

石臼で米を挽く。

米を挽く場合は、米を軽く水洗いして干して乾燥させると挽きやすくなります。

ゆっくり挽けばきめ細かい粉が出来ますが、市販の米の粉より少し粗めのほうが史が高いかもしれません。よ

り細かい粉をご希望の場合は2度挽きをして下さい。


簡単みたらし団子

みたらし団子はお湯でこねて適当な球体にし、くしに刺してオーブンやトースターで焼き、お好みのたれをつけ更に焼けば美味しく出来上がります。


天ぷらの衣

小麦粉や天ぷら粉の代わりに米の粉を使うとからりとあがり、油の吸収が少ないのかあっさりした感じになります。


その他手打ちうどんに…
引き立てのそば粉ならそば粉6:小麦粉4で充分蕎麦の味が賞味できます。これなら初心者でも手打ち蕎麦ができます。〈慣れてきたら二八(小麦粉二:そば粉八)に挑戦〉

道具:麺棒(直径3cm L=60cm 程度の丸棒 ホームセンターで見かける)

こね鉢(少し大きめのボールでOK)

包丁(平刃の菜切り包丁でOK )

打粉(挽いたそば粉でOK)

のし板(なければテーブルをキレイにしてその上で)

材料:4人分

挽きたてそば粉:300g

小麦粉(中力粉・できれば地粉):200g

お湯〈ポットに入った):240~250cc〈粉総重量の48~50%)

作り方
石うすで挽いてみよう。

そば,米、大豆、お茶、コーヒー等を石うすで挽くと一味違います。ゆったりとした気持ちで石うすをまわすそのひと時が一層味を引き立たせます。

少し前まで、田舎ではどこの家でも調理器具の一つとして石うすが常備されていました。一度探してみてください。

古いものは、磨り減っていたり機能が低下したものもありますが、プロが調整すれば充分使えます。ご用命いただければいつでも調整(目立て)致します。もちろん新品の販売も致します。

今日はそば粉についてお知らせします。蕎麦の実は蕎麦材専門店で丸ヌキ(外皮をむいたもの)を購入すると良いでしょう。慣れれば玄蕎麦でもOKです。ゆっくり…